スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争の変容1

戦争とは、個人の決闘と同義である クラウゼヴィッツ

太古、人類がウホウホであった時より戦争はあった。
他の動物(異種)から我が身を守るためだけではなく、同種間でもそれはあったのだ。

言葉によるコミュニケーションが取れなければDNA的に同種であっても相手を人外のものとしてしか
認識できない時代が超長く続き、言葉の通じる者同士が集団を形成していった。
村社会や族社会の誕生である。

そして、土地や環境、資源などより良い条件を求めて人類は戦い争っているわけである。

この単純闘争は近現代まで続き変容をとげたのは第二次世界大戦終結後であるといえよう。
奇しくも東京裁判において『どの様な理由においても侵略戦争は悪である』と定義されたからだ。

この一点のみにおいても日本は先の大戦において勝利したといえる。
なぜならば我最高のキャッチコピーである、武力を用いて天下を治める『天下布武』を否定したことにより、どの国も武力を用いて他国の領土をぶん盗ることができなくなったのであーる。ざまぁねーな。

その結果、欧米型帝国主義は崩壊し大戦前に侵略した他国領土を返還せねばならず、元々は同一国であると強行に主張し自国内での武力行使をするのみとなった。

欧米の植民地化から亜細亜を解放せんとする日本の目的は自らを『悪』とされるを厭わなかった先人たちの潔さにより達せられたと言える。

そして『戦争』は更に変容を遂げる                       戦争の変容2へ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノブノブ

Author:ノブノブ
第六天魔王(ヒラコーVer)
焼き討ちマニア
好きなアイドル:マオ(虐殺アイドル)
怖いもの:貞子
新し物好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

樹の森林

東アジアの正論 동아시아의 정론 Just argument of east Asia

インド ブログ | インドのニュースをブログで解釈

ねずさんのひとりごと

ぢつと手を見る。

小人さんとワルツを

ろくろくさんじゅうろくa

のったりかんそうべや
フリーエリア
勝手に名誉顧問
館山マリオ将軍
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。