スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第六天魔王であーる

世はまさに戦国時代と変わりもせず各国が領地拡大を狙って虎視眈々と牙を研いでいるようじゃの。

ならばこの信長(ヒラコーVer)がこの日の本を尾張として今、この時より天下を治める事業を始める。

まずは、武将どころか兵すらおらん状況だが麦わら帽の小僧のように船出してからでよかろう。

今の世で天下を治めるためには武力では無いことはあきらかであろうから天下布武はないの~
天下布知か?ぱっとしね~な~

募集します
いきなり人頼み!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちはー。

その節はあたたかいコメントありがとうございました。
父に守られた時代は終わりましたから、ぼくもうつけを卒業しなくては。

天下布武の新しい表現、ぼくも折々かんがえてみました。
1-武は、暴とちがうよなあ。
2-武の語源「戈を止める」ということだったな。
3-武力の構成要素は現代の情報戦にも敷衍できる。

何と戦うかによりますが、戦う以上は
対象の動きを抑えたいという目標があるのでしょうから、
やはり、武、でいいんじゃねえか。と思いました。

言葉は器のようで、それ自体変わらずとも
中身が変容していくものと思います。
秦の嬴政のようにあらたな一字をつくるのもいいけど、
いまある言葉の意味を革新するほうがおもしろくないですか。
あえて語弊もうけいれて、先に行っちゃうのです。
言葉の意味があとからついてくるのです。
あたらしい意味にうまれかわって。

Re: No title

偕誠館主人さん こんにちはー。

> あえて語弊もうけいれて、先に行っちゃうのです。
> 言葉の意味があとからついてくるのです。
> あたらしい意味にうまれかわって。

これ大事ですよね、誤解される事を恐れず進むしかないですもんね。
それに『天下布武』ってやっぱり似合うじゃないですか信長的にw

武=暴力 武=「戈を止める」が一般的になれば世の争いごともそーとー減るんですけどね。
争いを過熱させるための言い合いには皆さん飽き飽きでしょうから一歩進んだ議論が出てくるチャンスなんですよね今が。

戦争責任についても『日本らしい責任の取り方』をするべきなんですよ。
歴史認識を問われているならば『世界中が認めざるを得ない歴史観』を提示すれば良い!
残酷で血塗られた共食いの歴史がなぜ作られたのか提示できるはずなんです。

その真実に耐えれる感性をゆっくり浸透させないとトンデモナイ争いが始まっちゃうんですけど…
なので『ごっこ』ぐらいでいいかなーと思ってるんですよ。

偕誠館主人さん今後も『ごっこ』遊びにお付き合いよろしくです。
プロフィール

ノブノブ

Author:ノブノブ
第六天魔王(ヒラコーVer)
焼き討ちマニア
好きなアイドル:マオ(虐殺アイドル)
怖いもの:貞子
新し物好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

樹の森林

東アジアの正論 동아시아의 정론 Just argument of east Asia

インド ブログ | インドのニュースをブログで解釈

ねずさんのひとりごと

ぢつと手を見る。

小人さんとワルツを

ろくろくさんじゅうろくa

のったりかんそうべや
フリーエリア
勝手に名誉顧問
館山マリオ将軍
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。